トイレの水漏れ

トイレの水漏れ、自身で修理が出来なかったら?

  • トイレタンクのまわりに「止水栓」というバルブが付いています。止水栓を閉めてチェックをしてみても原因が解らない場合や、便器そのものが傷付いていた場合など、ご自身で対応出来ない故障・修理・交換、その他不明点に関しては当社のサ-ビスグループのお客様相談室(0120-225-779)までお電話ください。トイレやウォシュレットの修理や交換等、様々な事案に対応致します。

料金一覧はこちら

ページの先頭へ戻る

トイレの水が止まらない、修理・交換はどうすればいい?

  • トイレの水が止まらない時は、トイレタンク横から出ている配水パイプにある止水栓を閉めましょう。トイレタンク内が空になれば便器に流れる水も止まります。その後、トイレタンク内の浮玉やバルブの磨耗などをチェックしてみましょう。トイレの修理や交換が必要かもしれません。原因が解らない場合は、当社サービスグループのお客様相談室(0120-225-779)にお電話ください。

    ■トイレタンク止水栓の閉じ方

    止水栓はマイナスドライバーなどで、右(時計まわり)に回すと閉じて水が止まります。そして、左にまわすと栓が開き、元通り使えるようになります。止水栓をまわす時はしっかり止水栓本体を固定して作業しください。止水栓を回して、まずはトイレタンクの水漏れを止めましょう。
    ※止水栓が堅くて回らない場合は、無理に回さないでください。
    トイレの水が止まったら、トイレタンク内の浮玉やバルブの磨耗などをチェックしてみましょう。トイレタンクの中に入っているボールタップの浮き玉を持ち上げてみて下さい。水が止まらない、あるいは水位が極端に高くなっている場合は、ボールタップが磨耗・故障している場合があります。必要に応じて修理や交換を行いましょう。

料金一覧はこちら

ページの先頭へ戻る

24時間365日年中無休でお伺いいたします